インフォメーション≪ここは常にTOPです≫

shine大修館『英語語教育』2017年11月号に、小生が書いた記事掲載されました。詳しくは、投稿記事「業務連絡」をご覧くださいshine

shine『やYabai2ばいYabai_5!英文法・構文』(ゴマブックス)shine      

   ネットamazon① amazon②メールを通じて販売を行っています。

 出版社のページ。 shine

 《嬉しいhappy01 4大特徴》

flair単元の最初に学習のポイントを明示することで、無駄のない学習ができます  flair講義調の解説だけでなく演習も取り入れ、結果を出すことにこだわった構成  flairsecret語呂(「パフェでないせがむキーック!/ニック・ポー」 など)や4大注意事項といったキーワード、青いカラーの使用で暗記の負担軽減   flairブログでサポート万全!などなど

English_work3_2 shine『ONE WORLD ③ワークブック』(教育出版)shine

 

 共著です。学校専売品教材です。(現在は別の版になっています

 

shineELEC同友会英語教育学会shine (常任理事を務めています) 

shine連絡などshine

 教材購入、質問、各種依頼などで連絡が必要な場合はメールでお願いいたします。その際は、①氏名(できれば所属)、②用件を記入してください。

shineお知らせshine

 管理人は、Facebook、twitterなどはやっておりません。ネットでの発言はこのブログと昔作成したホームページの掲示板のみです。なりすましの発言にはご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

校内競技大会

5月最後の2日間、校内競技大会が行われ、
女子のBチームが学年3位になりました。
 
それぞれで行事を楽しんでいたり、励ましあっていたりする姿を見て、
(今年から2学年にかかわった身としては、)
昨年一年間に培った様々なものが垣間見ることができました。
 
非日常(行事)が充実しているかどうかは、
日常生活をしっかり過ごしているかどうかという面が大きいです。
(行事だけ楽しいのでは学校の意味がない)
 
6月は祝日もなく、4月の緊張感も完全になくなり、また梅雨にも入って、
気候的にも過ごしにくく、淡々となんとなく過ごす日ひとが増えます。
だからこそ、他との差を広げたり、または追いついたりするのには
もってこいの時期です。
 
競技大会で見せてくれたパワーを日々の生活にもぶつけていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々な人たちと会いました。

久々に更新をします。

さて、昨日は職場の行事が立て込んでおり、
色々な人たちが集まりました。

授業参観と保護者会…今教えている生徒の保護者と、卒業生の弟妹が在籍している保護者。
父母会総会(役員引き継ぎ)…3月に卒業した卒業生の保護者(父母会役員)
教育実習打ち合わせ…卒業生(大学4年生)

かつて教えていた時の色々な思い出が甦りました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反抗の仕方を間違えるとただの・・・

もはやもうお笑いですね。
 
 
組織に所属する人としてあり得ません。
 
関連記事
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

良心的な東京大学には頑張って欲しい

東京大学は、学校の現場や受験生のことが良くわかっています。
ね、安河内さん、吉田さん
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

卒業に向けて

3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
出席率優秀クラスのため、毎日34人(担任含む)が顔を合わす・・・
こんな当たり前の日々も、もう終わりです。
 
勉強だけでなく部活や生徒会活動などでも活躍したみんなは、
きっと素敵な思い出が一杯だと思います。
もしそうでない場合も、次の所属では、
いい思い出がたくさん残せるように頑張って欲しいと思います。
 
これからはそれぞれが違う道に羽ばたきますが、
新しい環境においてもまた良き仲間を見つけて、
それぞれの夢をかなえて行って、幸せになって欲しいと思います。
では、再会の日をお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やるべきことをやって、あきらめないことが大切

勤務校の選抜(甲子園)出場が決まりました!おめでとうございます。
 
以前ある文章を読んだことがあります。
確か、前監督が執筆した文章だったと思いますが・・・
 
内容は
 
「常に県でベスト4にいることができるチームを作る。そうすれば(甲子園の)チャンスは訪れる。」
 
というものです。
 
勤務校は、夏の大会で3年連続決勝にコマを進め、
しかし決勝で惜敗をしてきました。
特に昨年の夏は、ベスト16も危ないと言われながら、
強豪私立高校を倒し、決勝まで進みました。
 
そして、今回の秋の大会では、悲願の県を制覇し、関東大会でベスト8。
選抜の候補はもう一校ありましたが、勤務校の堅実な野球が評価されたのでしょう。
そして、やるべきこと(常にベスト4に入れるチームを作る)をやる。
この積み重ねが、高野連にも評価されたと思っています。
見てくれる人は見てくれているのです。
 
そして、今回甲子園に出場を決めた件で、で私は、好きな言葉
「誠実に一生懸命な人には自然とサポーターが増える」
を久々に思い起こしました。
 
これから受験に向かう3年生よ、
 
今やることをしっかりやれ。
  そうすれば周りはきっと支えてくれるし、合格はついてきます!
 
最後まであきらめずに頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テストの花道(Eテレ)

Eテレに、『テストの花道』という番組があるのですが、
1月8日放送は、
 
本番直前!勉強のお悩みズバット解決SP
 
というタイトルでしたので、高3担任としてはついつい観てしまいました。
小生はしばらく試験というものから遠ざかっているので、
昔のことを思い出したりしていろいろ参考になりました。
 
今日番組HPをみたら、内容が繰り返されていましたので。
上にURLを貼っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
 
担当をしている高3生は、元旦にも関わらず、多くの生徒が学校に来て学習に励んでおり、本当に立派だと思います。いろいろ心配もあると思いますが、皆そんなものです。気にしすぎずに、そんな時こそ腹を据えて、無の境地で行きましょう。 入試までまだたくさんできることがあります。人は、数字では測れない、目に見えない可能性を多く持っています。体調には気をつけつつ、最後まで攻めていこう。
 
今年は、2020年に向けて、大きな変化が始まる一年です。だからこそ、確かな学力をつけることと、日常の過ごし方が大切であると確信します。
 
皆様が健康で素敵な一年でありますように。
 
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正論は正解になるとは限らない

相撲協会の、白鵬と貴乃花のバトルがいつまでも話題にのるのは、
「あのバトルは自分の職場にもあるよな」と感情移入しやすいからではないか。

貴乃花は、相撲に対する真摯な(ふりであるが)姿勢は見せて、
正論はいっている。

しかし、それを盾に、結局は組織に歯向かっているだけだし、
何より弟子の貴乃岩を駄目にしている。

花田は、相撲協会を改革したいのなら、
強い弟子をたくさん育て上げ、
弟子と共に一大勢力を作り改革すればいい。

今の花田は、親や兄弟との関係もおかしいし、
組織(相撲協会)との関係もおかしいし。
そんな人が最終的には信頼されるはずがない。

今みたいにマスコミのネタにされるのが落ちである。

でも、大横綱だったし、発言力はそれなりにある。
そんな力のある(でも、人間性が崩壊しているまたは悪事をたくらんでいる)人が、
一面においては正論はいうから、付いてくる人もいるわけだけど、
でも結局全体を見ると、組織のためどころは無用な混乱を招いているだけある。

どの職場にも、ある側面からみれば正論はなるが、
結局多角的にみれば、組織にとって正解にはならず、
単に自分勝手を通すために、正論を悪用しているだけのやからがいるのでは?

まあそれに翻弄され、論破出来ない上役もいるから、
ますますダメ組織はカオスな状態になるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«高校につながる教え方をしてほしい